ホーム > 事業案内 > ガス抜きバルブ事業部門


事業案内

ガス抜きバルブ事業部門

セイコー珈琲は、ガス抜きバルブを自社開発・自社製造しています。コーヒー袋・味噌資材等に取付いたします。

ガス抜きバルブ<スターバルブ>の特徴

鮮度を保つバルブの秘密
新鮮なコーヒーからは、たくさんの二酸化炭素(炭酸ガス)が発生します。
ガス抜きバルブ<スターバルブ>は外気の侵入を遮断し、コーヒーから発生するガスを自動的に容器外へ放出します。
つまり、煎りたての豆を即パックしても、見苦しい膨れを防ぐことができ、鮮度の高いコーヒーを
提供することが可能です。

ガス抜きバルブ<スターバルブ>の特徴

自社開発 ガス抜きバルブ製造機

ガス抜きバルブが取り付いていない場合、袋は膨れてしまいます。

ガス抜きバルブ取付機

自社工場にて、ガス抜きバルブを取付ける全自動機、半自動機がございます。
包材にあわせて、ガス抜きバルブ<スターバルブ>の取り付け対応できます。コーヒー、味噌など多岐にわたり、毎日取り付けしています。
味噌のフタへの取付けは、自動取付機で行います。取付けから箱詰めまで全自動で行いますので、衛生的です。

ガス抜きバルブの取付け例

コーヒーガゼット袋

コーヒー
焙煎され、パッケージされた後も、コーヒーは常に呼吸しています。そのままにしておくと、袋は、次第に膨れていきます。 コーヒーの鮮度を保つために、ガス抜きバルブ<スターバルブ>を取り付け、コーヒーが排出する二酸化炭素を袋の外部へ放出しています。

味噌のフタ(ホットメルト)

コーヒー
味噌は、酵母が生きている為、発酵により炭酸ガスが発生します。
長年のコーヒーの実績で培ったノウハウを活かし、当社では、味噌製品にもガス抜きバルブを取り付けしています。
炭酸ガスによる味噌容器の膨れ防止、酸化による品質劣化を防ぎます。
※味噌の袋(スタンドパック)も当社でバルブの取付けができます。

粉末洗剤用袋漬物(キムチなど)発酵食品全般

その他
※ガス抜きバルブの取付テストをご希望のお客様は、お気軽にご相談下さい。

※コーヒー袋・味噌資材・洗剤袋以外でもガス抜きバルブの取付けをご検討の場合、お気軽にご連絡ください。

全自動ガス抜きバルブ取付の流れ(味噌用ホットメルト)

全自動でバルブを取付ける機械

当社では、ガス抜きバルブの製造および取付けにおいて、万全の検査体制、品質管理を行っています。
製造時に全数、通気チェックテストを行っておりますので、ご安心してお使いいただけます。

全自動ガス抜きバルブ取付の流れ

ご注文から納品までの流れ

flow1 まずは取り付けご希望の包材サンプルを当社までお送りください。
ガス抜きバルブをテスト取り付けして返送いたします。
flow2 貴社より包材を当社まで送付いただきます。(送料貴社負担)
flow3 最新機器を使い、熟練スタッフが貴社の包材にガス抜きバルブの取り付けを行います。
flow3 ガス抜きバルブ取付後、ご指定の場所へ発送いたします。(送料当社負担)

「ガス抜きバルブ」に関するお問い合わせはこちら


セイコー珈琲 会社概要パンフレット

事業案内