ホーム > 新着情報 > コーヒー市況および生豆入荷情報


新着情報

コーヒー市況および生豆入荷情報

コーヒー相場は、この1ヶ月間ほとんど動かない状態です、ブラジルの栽培状況が順調にきている報道を受けてこの状況ですので、今後も引き続き現在の状況が続くものと思われます。但し、ブラジルの収穫が始まり予想通りの収穫量が出てくるかどうかで相場は動きます。また来年(2019年)は裏作の年になりますので、今年と比べて収穫減になるのは間違いなく、年末にかけて相場の動きに注意が必要と思われます。
一般品とスペシャルティ品の価格差が大きくなる傾向にあります。コーヒー相場は一般品に対しては素早く反応しますが、数量が少なく、需要の高いスペシャルティ品は価格が下がりにくく、産地ごとの需要により品質・価格に差が出てきております。
 
<生豆在庫および入荷情報>
■インドネシア・マンデリンについて
インドネシア・マンデリンは、2017年の旱魃の影響から大幅な減産になっており、価格が急騰しております。一部には、インドネシアから予定どおり出荷が行われない事態となっていることからも影響が大きくなっておりますのでご注意ください。注文量が多くなった場合、注文数を制限させていただく場合もございます。また在庫が無くなった場合、一時的に販売を中止することもありますので予めご了承ください。8月には入荷が予定されております。
 
■ブルンジ FW S15の在庫が少なくなっております。在庫が無くなり次第、しばらくの間、販売を中止することになりますので予めご了承ください。(次回入荷予定は12月~1月となっております)
 
■エクアドル ビルカマウンテン Qグレード認証 ニュークロップ入荷しました。
 
※2018年4月27日(金)ご注文分より、生豆価格を改定させていただきます。生豆お取引先様には、改定生豆価格表を郵送いたしております。万一、お手元に届かない場合は、弊社営業本部までお問い合わせください。
 

新着情報一覧へ戻る


セイコー珈琲 会社概要パンフレット