ホーム > 新着情報 > コーヒー市況および生豆入荷情報


新着情報

コーヒー市況および生豆入荷情報

コーヒー相場ですが、この1ヶ月はブラジルの天候が順調に推移していることから、安定した相場が続いています。世界全体のコーヒー消費量が増えている中、生産量と消費量のバランスが拮抗している現在では、あまり楽観視することはできません。ブラジルの気象予想に伴う、生産量の増減が報じられるたびに相場は動きます。
世界的な流れとして、品質と価格のバランスですが、一般品といわれるコモディティ(コマーシャルコーヒー)商品とプレミアム・スペシャルティ商品の品質差、価格差は、はっきりと分かれる傾向にあります。よって、一般品の品質は年々低下傾向にあります、少しでも品質が良ければプレミアム品として生産国の農家、輸出業者は、販売する傾向にあります。より良いコーヒー豆は、より高い価格で取引されます。従来の日本・欧州・米国の市場に加え、中国・韓国・台湾などでもスペシャルティコーヒー市場の広がりを見せていることが要因と思われます。
 
<生豆在庫および入荷情報>
■ブラジル ブルボン蔭干し ニュークロップ入荷しました。2月1日出荷よりニュークロップに変わります。
■モカ マタリNo.9 ニュークロップ入荷しました。
■キューバTL 入荷しました。
 キューバTLを入手することができました。ある程度、数量は確保しておりますが、安定的に入手することが難しい産地です。在庫が無くなり次第、販売中止となりますので予めご了承ください。
 
※2018年1月30日(火)ご注文分より、生豆価格を改定させていただきます。生豆お取引先様には、改定生豆価格表を郵送いたしております。万一、お手元に届かない場合は、弊社営業本部までお問い合わせください。

新着情報一覧へ戻る


セイコー珈琲 会社概要パンフレット