ホーム > 新着情報 > コーヒー市況および生豆入荷情報


新着情報

コーヒー市況および生豆入荷情報

コーヒー相場は、ブラジルの天候が順調に推移していることが、下げ要因となっていました。しかしながら、最近のブラジル経済は、景気回復傾向にあるとの観測によって、ブラジル通貨高の方向に向かっており、価格を押し上げる要因となっています。そうした状況から相場はこの1ヶ月、膠着状態となっています。今年、ブラジルの裏作による供給量減少を織り込みながらも、世界需要は底堅いと予想されることから、ブラジルの収穫が始まる4月以降、収穫高が報道される度に、値動きが激しくなってくると思われます。今後、アメリカの経済政策によっては、為替相場が大きく変動する可能性があります。為替の変動によるコーヒー価格への影響も注意が必要です。昔と比べ、現在は、標準品(一般品)・プレミアム品・スペシャルティ品によって、品質差・価格差が大きく分かれてきています。品質を重視する傾向は、日本・欧米ともに増えてきており、品質の高い豆は、相場とは関係なく高価格で取引される傾向にあります。逆に標準品は、品質よりも価格を重視するロースターが多いため、品質は下がる傾向にあります。標準品を扱う場合、柔軟性および許容範囲を広く持つ必要がありそうです。
 
<生豆在庫および入荷情報>
■コロンビア Qグレード エキセルソ ニュークロップ 3月下旬入荷予定
        
※2017年3月2日ご注文分より、生豆価格を改定させていただきます。生豆お取引先様には、改定生豆価格表を郵送いたしております。万一、お手元に届かない場合は、弊社営業本部までお問い合わせください。

新着情報一覧へ戻る